を目指すタイトル画像.psd

プランナー制度の紹介

プランナー制度について


「6次産業化プランナーとは」
都道府県ごとの6次産業化サポートセンターに配置された6次産業化プランナーが、農林漁業者等の皆様の6次産業化の取組につながる案件の発掘や新商品開発・販路拡大のアドバイス、六次産業化法の認定申請から認定後のフォローアップまでを一貫してサポートします。
◎全国の6次産業化サポートセンターはこちら➡農林水産省ホームページ

「ボランタリープランナーとは」
農林漁業者の身近なところでアドバイスやメディアへの情報発信を行う6次産業化の実践者を「ボランタリープランナー」として大臣が任命。

【趣旨】
6次産業化の取組を軌道に乗せるためには、農林漁業者等に対してプロ意識をもって、親身に相談に応じ、的確なアドバイスを行う人材の確保が不可欠。このため、国の委託により専門知識を持つプランナーを配置することとしているが、これに加えて、農林漁業者の身近に存在する先導的な6次産業化の実践者を「ボランタリー・プランナー」に任命し、サポート体制の充実を図り、全国的に6次産業化の取組を推進する。

【活動内容】
1.農林水産省等が開催する研修会等での事業者へのアドバイス
2.自らの活動や各種メディアでの情報発信

6次産業化を目指す

メルマガ会員募集中!

6次産業化の最新情報や、イベントスケジュールの情報などをお届けするメールサービスです。登録したメールマガジンは、すべて無料でご覧いただけます。

enter.pngenter.png

登録解除はこちら

ページの先頭へ