有限会社石川養豚場

達人名:石川安俊(有限会社石川養豚場 代表取締役社長)
ジャンル:養豚業 Pig breeding
地域:愛知県半田市 Handa Aichi

12.psdスクリーンショット(2012-09-26 17.02.46).png

豚一匹まるごと商品化して直売する
養豚業界に新風を吹き込む敏腕経営者

愛知県半田市生まれ。親は和牛の飼育を手掛ける畜産をしていたが、自分の代になり稲作を始める。その後、養豚農家のサイボクハムの経営者との出会いをきっかけに養豚業へと転向。昭和44年に石川養豚場を創業。10年前から豚肉とその加工品、ハムソーセージの直売所「ファーマーズ・マーケット ブリオ」をオープンし、自社で飼育、加工、販売までを一貫して行う新しい養豚業のビジネスモデルをスタート。インターネット通販にも乗り出し独自の販路を開拓している。今後新たな直営店の出店も計画中。

■ファーマーズ・マーケット ブリオ (有)石川養豚場

インタビュー

7.psd

養豚業を始めてから6次産業化を含めた事業展開に至るまでの経緯を教えてください。

interview_photo01.jpg私が地元愛知県で養豚業をスタートしたのが昭和44年のことです。それまでは稲作をしていたのですが、米の生産だけではこれからの時代にとても立ち行かないという思いから養豚業へと転向しました。きっかけとなったのは、養豚業界で有名な埼玉県日高市にある養豚農家、サイボクハムの経営者との出会いでした。たまたま出かけていったセミナーで話を聞いたところ、養豚は1日に70万円のお金が出入りするというではありませんか。それで近郊の養豚業者のところへ行って話を聞き、自分も養豚を始めようと思ったのです。きっかけはそんな単純な思いからでしたが、創業後、事業が軌道に乗るまでの間はとても大変でした。初めは母豚5頭から創業し、それから地道に経営規模を拡大していきました。そして10年ほど前、「自分で育てた豚を直接消費者に販売したい」という思いから、生産直売施設として「ファーマーズ マーケット ブリオ」を設立し、豚肉と豚肉を使ったハムやソーセージ、惣菜などの加工品を販売する専門店をスタートするに至りました。これが6次産業化の取り組みの始まりです。飼育・加工・販売まで自分の手で行う生産販売の一体化を実現し、身元が確かで加工の状況も自社ですべて把握できる管理体制のもと、新鮮で安心できる豚肉・ハムソーセージを消費者に提供しています。こうした私たちの取り組みは、都市近郊型の新しい養豚ビジネスモデルとして第36回日本農業賞特別賞も受賞しました。今では550頭の豚を飼育し、常備6,000頭分ほどの規模に成長。県下でも3位に入ります。展開している加工品も約80品目に上り、豚丸ごと一頭すべての部位を無駄なく加工するように、いろいろな商品のアイデアを企画しながら、消費者に喜ばれる商品作りに日々、励んでいます。

どうして「生産販売の一体化」が必要だと考えられたのですか?

interview_photo02.jpgひとつは場所の問題で、半田市のように都市近郊型の養豚場はそれだけで大変なのです。騒音や豚のたい肥、と殺場の問題など周辺住民の方々への配慮も必要ですので、なかなか規模を拡大するのが難しい。もうひとつは豚価が低下している問題です。データで見れば一目瞭然なのですが、豚肉の販売価格は変わらないけれど、生産者が買い取ってもらう豚肉の価格は年々下がり続けています。同じ豚肉を作っても、私たちの手を離れてから消費者の手に届くまでの間に価格が上がっている。流通のあり方や小売店での販売のあり方などにも疑問を持つようになり、それならば全て「自前化」するのが一番ではないかという答えに行き着いたのです。生産、加工、販売に至るまで自分たちが関わることで、自分たちが培った価値(ポークチェーン)をダイレクトに消費者までつないでいけるのではないかと考えたからです。規模は現状維持のままで利益が減少していくような状況を食い止めるためには、流通コストを見直し利益率をあげ、また付加価値の高い新たな商品の開発などを手がけていく必要があります。今回6次産業化の認定を受けた商品としては、半田の土地で醤油や味噌味が好まれることから、土地柄にもマッチした串カツと煮豚の加工品を新たに作り始めました。6次産業化の認定後は、多方面からの引き合いも増えたのですが、自社の豚肉のみを使用した「あいぽーく」の専門店としての軸はぶらさずに今後も商品を企画・開発していきたいと思います。

農業経営についてどうお考えですか?

interview_photo03.jpg今後の農業経営はもっとシビアに数字を見る必要があります。先ほど、豚価が下がっていると言いましたが、コスト面では豚の餌の価格は上がっているのです。ですから年々利益が少なくなっているというのが養豚業の現状なのです。今、養豚業に新規参入で就農するのは非常に難しくなっています。それは、とても経営が成り立っていかないためです。今、農業人口を増やそうという施策や、若い人たちに就農を呼びかけるような各方面での動きも見られますが、相当しっかりと経営管理に取り組まなければ借金ばかりが膨んでしまうことになるでしょう。そのくらい農業簿記なり、コスト管理なりをきちんとしようという意識がないと挫折してしまうリスクの方が高いのです。農業も数字で見るような経営をするということです。会計原理は利益と償却です。農政の施策に補助金がもらえる制度が多いと思うのですが、補助金は一時的には良いかもしれませんが、経営の視点でいえば会計の数字は悪くなる。だから使わない方がいいのです。後継者不足が叫ばれていることについても、農業に後継者が必要という先入観がありますが、私は他の一般企業と同じように、「後継者ではなく経営者と労働者がいればいい」そういう風に考えているのです。今後農業もさらなるグローバル化が進んでいくことが予測されますが、しっかりと農業経営が行える人材を育てるための国の教育も必要だと感じていますね。TPP問題が取りざたされていますが、その前にもっと根本的なところから日本の農業で当たり前だと思われている流通のあり方、また直売所のあり方、そして農業経営のあり方をもう一度見直す必要があるのではないでしょうか。

最後に今後の石川養豚場の展望をお聞かせください。また6次産業化を目指す方に一言。

「ファーマーズ マーケット ブリオ」の1店舗目がオープンして10年になり、2店舗目もできましたが、今後さらにもう一店舗直売所施設のオープンを予定しています。インターネットでの通販も始めていますが、やはり対面で直接販売できるような地元で展開できる方向へ力を入れていきたいと感じています。販路を広げていくことに注力するよりも、地元の人に愛され、地域のブランドとして認知されるようなお店を目指しています。この半田は、名古屋や松坂から近く、松坂牛、名古屋コーチンといった牛や鶏の有名産地に囲まれています。ですが、名古屋にも美味しい豚があると思っていただけるようにブランド化していきたいですし、毎日地元の人々が通っていただけるようなお惣菜系の商品も充実させていきたいですね。また店内には地元の農家の野菜なども置いていますが、地域農家との連携や土地持ち企業とのイベント、活動などにも積極的に関わりながら、地域貢献を含めた事業展開を考えていきたいと思います。これから6次産業化を目指している方には、何がしたいのか、目的意識を明確にしつつ、しっかり数字で管理しながら着実に事業を進めるのがよいと思います。市場での豚価は年々低下傾向にあります。しかし、そのしわ寄せが消費者にいってしまうような事態になってはなりません。数年前には偽装問題や中国餃子問題も起きましたが、消費者の信頼を裏切れば私たちの仕事は成り立ちません。私たちはこれからも、“本当の仕事”をしながら、どこまで価格を下げていけるかに挑戦し続けていく。消費者に価値あるものを適切な価格で提供できるような養豚業を営むために、努力を重ねていきたいと思っています。


サポーター

7.psd

こだわりの美味しさを消費者にしっかりとつなげるサポーター
ファーマーズ・マーケット ブリオの職人たち

匠の技を磨く日々、この美味しさを消費者へ

support_photo01.jpg組織名:石川養豚場の農場スタッフの皆さん
ジャンル:養豚業
現在農場のスタッフは8名。チーム一丸となり、日々豚の健康状態から発育状態を把握し、年間1万2000頭の豚を飼育。合言葉は、みんな『豚が好き』と共通の思いの中、愛情を注いだ豚はすくすくと育っている。





ジュワっと炭火焼!鮮度の高い豚肉の美味しさを余すところなく味わえるBBQが好評!

support_photo02-1.jpg店舗名:ファーマーズ・マーケット ブリオ BBQ(バーベキュー)
ジャンル:飲食施設
ファーマーズ・マーケット ブリオに隣接するビニールハウスでは、ブリオならではの美味しい豚肉と野菜が食べ放題!豚まるごと一頭をムダなく消費者へ味わってもらうために立ち上げた飲食施設だ。

達人からのメッセージ

7.psd
◆達人の第6感
嘘をつかない、よその物を使わない。“本当の仕事”をしながら、どこまで価格を下げていけるかに挑戦し続けること、そこに間違いはない。

◆達人の教訓
直営店の売上データの数字が、思わぬことを教えてくれる。必要なのは、後継者ではなく経営者と労働者である。

有限会社石川養豚場の製品

001 骨付きアイスバイン
ファーマーズ・マーケット ブリオが自信を持っておすすめする骨付きアイスバイン。野菜と煮込めば簡単に本格的なポトフが完成!

アイスバイン.png

002 あいぽーくカレー
お肉とやさいがたっぷり入ったオリジナルカレー。中辛タイプ。「あいぽーく」のネーミングは「愛知」「愛」そして石川さんの奥様「あい子」さんの名前から。

あいぽーくカレー.png

ページの先頭へ